トラブルに関する対処法で困ったときに活用すべきこと

離婚弁護士に任せる

プロに任せるメリット

 不倫行為は当人同士は幸せかもしれませんが、裏切られた人にとっては人生を揺るがす大きな事態ともなりえます。もちろん浮気する側にも言い分があるでしょうから、勧善懲悪とまではいきませんが、慰謝料を考えるときに参考材料となります。  不倫の慰謝料はじつにさまざまな要因で増減されますので、一概にいくら、とははっきりしたことは言えませんが、裁判になったときの目安としては、その後夫婦関係を継続するなら50万から多くても100万円程度でしょうか。もし離婚するとなれば最大でおおよそ300万円ぐらいになりそうです。  いずれにせよ、慰謝料問題も含めて一悶着がある事例が多いので、円滑な解決を目指すためには弁護士といった法律のプロに任すのが一番でしょう。

慰謝料の金額は交渉次第

 弁護士は依頼者のために奔走し、慰謝料の増額を目指してくれます。慰謝料の増額は弁護士本人のためとも言え、増えれば増えるほど報酬が大きくなるからです。  不倫の慰謝料に関しては、裁判までいくのは稀であり、弁護士はできるだけ和解を目指そうとします。実際裁判になると、社会的信用を失う恐れもありますし、心的負担も大きくなるため、浮気した配偶者や不倫相手もそれを望まないことが多いようです。  それは交渉にも使え、たとえば相手の会社や家族にバレようにするなど、使い方次第によっては有利な展開にすることができます。  弁護士に依頼するときは着手金プラス報酬で費用を考える必要があり、もし相手からそれほど大きな金額が取れなければ、費用倒れになることもありますので注意が必要です。

PICK UP

離婚と慰謝料

配偶者の不倫などの行為は離婚事由の一つです。中には慰謝料を払わずに踏み倒す場合もあり、最近では、何らかの方法で慰謝料の債務名義を確保しておく人もいます。離婚にまつわ慰謝料の知識

相続税の額

相続税とは親族が亡くなったことにより財産を受け継いだ場合などに発生する税金です。相続税には基礎控除などをはじめ、様々な控除があります。最近ではインターネットで無料でシミュレーション出来るサイトも存在します。

Featured Article

交通事故のトラブル

弁護士は交通事故などのトラブル解決にも対応してくれます。弁護士にも専門分野があり、交通事故の慰謝料などのトラブルは交通事故専門の弁護士に依頼する事でスムーズに交渉を進めていく事が可能です。